午前2時、一本の電話が鳴りました。「ブロディーのための心臓があるのですが。。。」と電話の声。これは、この何日もの間、みんなが待ち望んでいた電話でした。もしこの連絡を待っている間に、12歳のブロディーの容態が悪くなれば、心臓移植希望者待機リストからブロディーの名前は消され、心臓移植という、回復の為の最後の望みも絶たれるのでした。しかし、この日、ブロデイーと彼の家族は、素晴らしい贈り物を受け取ったのでした。-新しい心臓、新しい命-という贈り物です。
聖書は、私達すべての人間は、ブロディ―よりも絶望的な命の危険にさらされていると教えています。私達には永遠の死が定められています。なぜなら「罪が支払う報酬は死」(ローマ信徒への手紙6:23)であり、「人は皆、罪を犯して神の栄光を受けられなくなって」(ローマ信徒への手紙3:23)いるからです。この聖句を(聖書の)原語であるギリシャ語で調べてみると、私達がいかに絶望的な状況にあるかが理解できます。ギリシャ語で「受けられなくなっている」というのは連続的な状態であることを示しています。つまり、私達は連続的に神の栄光を受けられなくなっているのです。

物事がうまくいっている時は、罪という事実を簡単に忘れてしまっています。私達は、自分は完璧ではないけれどまあまあ良い人で、そんなに悪い人間ではない、と考えがちです。しかし周りの人が、自分よりも先に昇進したり、新車を購入したりすると、心の中に妬みを覚えます。また魅力的なモデルや女優をみて欲望をいだいたり、割り込み運転をしてきた車に対して自分でも驚くほどの怒りを覚えたりします。このように自分の生活を正直に吟味すると、人間は罪を犯しやすいと言う事が本当であることが分かります。

オックスフォード大学の無神論者である若い教授が、自分の経験を語りました。「わたしは人生で初めて自分の心を見つめなおした。そして私をぎょっとさせるものを見つけた。動物のような欲望、狂った野望、不安の固まり、憎しみを好む心。その名は『レギオン』」。(C.S.Lewis, Surprised by Joyより)すべての罪は私達の罪深い心からくると言われています。「善い人は良いものを入れた心の倉から良いものを出し、悪い人は悪いものを入れた倉から悪い物を出す。人の口は、心からあふれ出ることを語るのである。」(ルカによる福音書6:45)実に、私達の罪深い心が私達の本当の罪深さを隠しているのです。「人の心は何にもまして、とらえ難く病んでいる。誰がそれを知りえようか。」(エレミヤ書17:9)と書いてある通りです。

つまり、ブロディーの心臓(ハート)が問題であったのと同じように、私達の心(ハート)が問題なのです。私達は良くなることはありません。どんな処方、治療法も私達を助けることはできません。私達の欠陥のある心を入れ替えなければ、私達は死んでしまいます。ブロディーは心臓移植希望者待機リストで順番を待たなければなりませんでした。彼が必要なものは、お金では手に入れる事はできませんでした。もしだれかが彼に新しい心臓を与えてくれなければ、ブロディーは死んでしまうのでした。

私達の状況はこれに似ていますが、聖書は、この危機にさらされている私達すべての人に素晴らしい知らせを伝えています。次のような贈り物が得られることを聖書は伝えています。「わたしはお前たちに新しい心を与え、お前たちの中に新しい霊を置く。わたしはお前たちの体から石の心を取り除き、肉の心を与える。」(エゼキエル書36:26)

そしてさらに良いことは、待機リスト無しでこの新しい心を受け取ることができるのです。心を入れ替えてもらうことで、ただ生き続ける事ができるだけではなく、よりよい人生を楽しむ事ができるのです。

心臓ドナーからの電話は不安も伴いました。なぜなら心臓移植の手術はリスクが高いからです。健康な心臓を移植する前に、ブロディーの心臓を取り除かなければなりません。手術を一度始めたらもう戻ることはできません。これらの事を考えながら、ブロディーの両親であるビルとジルは夜明け前に起き、この重大な手術のために病院へ行く準備をしました。ブロディーは両親の見守るなか手術室に運ばれていきました。

私達も同じような死を経験しなければなりません。ブロディーが手術医に彼の心臓を取り除くことを許したように、私達も自分の心を手放さなければなりません。ところどころの修復だけではなく、徹底した手術(のようなもの)が必要だということに気付かなければなりません。

この恐ろしいリスクが、ブロディーと彼の両親を不安にさせた一つの理由と言えるでしょう。自分たちの息子によりよい新しい人生が与えられるかもしれないという機会に喜びを感じたのと同時に、深刻な現実も押しよせてきました。彼らに新しい希望を与えた出来事は、どこかの家族の希望を粉々にした出来事であった事を知りました。ブロディーの生きるチャンスは、だれかほかの人の死を代価としたものでした。

今この世界でのよりよい人生、そして永遠の命を手に入れることができる霊的な心臓移植、罪からの救いである心の入れ替えも、命を代価に可能なものです。「しかし、わたしたちがまだ罪人であった時、キリストが私達のため死んで下さったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されたました。」(ローマ信徒への手紙5:8)キリストは「わたしたちが価値があった時」や「わたしたちが神様の律法に完全に従った時」、または、「わたしたちが自分の必要に気付いた時」ではなく、「まだ罪びとであった時」に死んでくださったのです。

ブロディーの心臓の状態は移植なしでは悪化していく一方でした。彼の絶望的な必要が彼を有資格者とさせたのでした。彼はどこかの他人によって贈られた健康な心臓に頼らなければなりませんでした。購入できる心臓はありませんでした。もしあったとしても彼の家族はとても支払うことができませんでした。救いに関しても同じことが言えます。「罪の支払う報酬は死です。しかし神の賜物は、わたしたちの主キリスト・イエスによる永遠の命なのです。」(ローマ信徒への手紙6:23)この聖句から、私達は死に定められていますが、その救済策が贈り物として与えられているということが分かります。
それはかつてない、そしてこれからも最高で、最も価値のある贈り物です。私達は待機リストに載る必要もなく、待つ必要もありません。ただお願いするだけでこの贈り物を今、受け取ることができるのです。ただ自分の必要に気付き、自分には新しい心が必要だと告白し、神様に新しい心を下さるようにお願いしましょう。魔法の方式、おまじないの言葉などありません。ただお願いするのです。

ブロディーは心臓移植の手術を終えて、新しい心臓だけではなく新しい人生をも手に入れました。しかし、ブロディーは新しい人生をどう生きるかを学ばなければいけませんでした。私達も、新しい心を受け取った時、新しい人生をどう生きるかを学ばなければいけません。

そのために神様は、私達が新しい人生の生き方を学ぶことができるように、教会と新しい心を受け取った人々を用意して下さいました。あなたが新しい心を見つけるお手伝いが必要なら、または教会所在地をお探しでしたらwww.?????????? をご覧ください。あなたへの贈り物をどうぞお楽しみください!